決定版!!顎関節症の5つの症状タイプ

メインビジュアル10-顎関節症など

 

「顎が痛い…」

「顎がジャリジャリいう…」

 

 

 

 

その顎関節症に五つのタイプがあるのをご存知でしたか?

そこで今回は「顎関節症5つのタイプ」について書きますので参考にしてください。

 

 

 

顎関節症とは?

日本顎関節学会は顎関節症を

「顎関節や咀嚼筋の痛み、関節の音、開口障害ないし運動異常を主要症状とする慢性疾患群の総括的診断名でありその病態は咀嚼筋障害、靭帯障害、関節円板障害、そして変形性関節症などが含まれている」と定義しています。

 

 

 

顎関節症5つのタイプ

 

顎関節症Ⅰ型(筋肉)

症状…筋肉の痛みが主体となり、顎を動かすと痛みを感じます。

原因には多数の歯の欠損の放置で噛み合わせに悪影響を及ぼし、顎がずれるといった原因が考えられます。

その他にもストレスによる悪影響も考えられ、歯ぎしり、かみしめ等も一因とされています。

 

 

 

 

Ⅱ型(関節包、靭帯障害)

症状…顎を動かした時に痛みを感じますが、顎関節の雑音は伴わない場合が多いです。

原因としては顎の強打や硬いものを無理に噛むなどが原因で靭帯や関節の中が傷つくことが原因とされています。

 

 

 

Ⅲ型(関節円版)

症状…顎関節症の中で最も多いものです。関節円版(関節のクッション)がずれてしまい、顎関節がうまく機能しないものです。

開閉時に関節雑音が生じるものと生じないもの様々ですが、特徴としては開口障害を示します。

 

あなたは口を開けた際縦に指が三本入りますか?

入らなければ開口障害の可能性が高いです。

 

 

 

Ⅳ(変形性顎関節症)

症状…軟骨の破壊、骨の増殖、変形等の進行性の病変が主体となり、

症状は顎関節雑音(ガリガリ、ジャリジャリ、ザリザリ等)が見られ、徐々に開口障害の程度が増強していく。症状は様々で一定ではない。

レントゲンでは顎の変形や骨の肥厚が認められます。

 

 

 

 

Ⅴ型(精神的因子)

症状…心因性顎関節症ともいわれ、精神心理的が主です。

顎関節部に違和感と不定愁訴があります。

抗不安薬の投与で症状が改善されればこのⅤ型が疑われます。

 

 

 

 

あなたはどのタイプがあてはまりましたか?

 

 

 

 

さらに詳しい原因症状はこちら⇒顎関節症の原因

 

 

 

 

 

おわりに

 

タイプ別に書きましたがいかがでしたか?

どんな症状でもまずは自分がどのタイプで何が原因なのかを知ることが健康への第一歩です。

みなさんが不調に悩まず健康な生活を送れるように願っております…

 

みらい整骨院新町院

 

 

 

 

 

症状について詳しくはこちら

顎関節症

関連記事