不妊の原因

メインビジュアル08-気分障害など

「妊娠したくても出来ない」とご夫婦で悩まれている方々も多いのではないでしょうか?

とてもつらいですよね。

この記事では不妊の「原因」について書きますので役立ててください。

不妊症とは…

子供を授かりたいと願いながら、妊娠できないカップルは世界的に見ても全体の10%といわれており、

WHO(世界保健機関)による定義は「避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠に至れない状態」となっています。

WHO(世界保健機関)が行った不妊原因調査によると、約41%が女性のみ、約24%が男性のみ、女性男性ともに不妊原因を有しているのが約24%、原因不明が約11%となっています。日本では、不妊症というと女性の原因ばかり注目されますが実は半分近くで男性にも原因があるのです。

 

妊娠を妨げる原因になるもの

なかなか妊娠しないのは、どこかに問題があるのかもしれません。
さまざまな原因があるものの、現在の科学・医学では、まだ解明されていない部分が多いのも現状です。

 

  • 卵子が上手く育たない
  • 排卵しない、しにくい
  • 卵管が詰まっている、上手く通りにくい
  • 排卵した卵子を上手くキャッチできない。
  • 子宮の入り口に問題
  • 着床しにくい
  • 精子が上手く作れない
  • 原因が分からない

 

・卵子がうまく育たない

・排卵しない、排卵しにくい

卵子はホルモンの影響で成長しますが、このホルモンの分泌量が少なかったり、卵巣が指令を上手く受け取れないと卵子が上手く育ちません。過度のダイエットやストレスが原因になる事も。昔のダイエットが影響することも多くあります。

また、加齢で卵子の数が減り、卵子の老化、卵巣機能、ホルモン機能も衰えます。年齢が高くなると妊娠率が下がるのはこのことが関連しています。

 

・卵管が詰まっている、通りにくい、うまく働かない

・排卵した卵子をキャッチできない

卵管とは精子や受精卵の通り道です。その卵管が詰まっていたり、狭くなっていたりすると精子と卵子の出会いが妨げられます。

左右の卵管がこの状態になると自然妊娠は難しくなります。

 

卵管は精子の通り道であり、精子と卵子の受精の場、そして受精卵が子宮に到達するための移動通路です。その通路が詰まっている(卵管閉塞)、癒着などで狭くなっている(卵管狭窄)と、精子と卵子の出会いが妨げられます。左右の卵管とも閉塞していれば、自然妊娠はむずかしくなります。

・子宮の入り口に問題

子宮の入り口である子宮頸管は、排卵時期になるとホルモンの影響で分泌液が増加、精子を受け入れやすい状態に変化します。
この分泌液が十分に分泌されないと、精子が子宮の中まで入りにくくなります。

また、女性の体に「抗精子抗体」があると、精子を異物とみなして子宮頸管でブロックしてしまいます。

・着床しにくい

子宮に筋腫やポリープがある場合、その位置や大きさなどによっては、受精卵の着床を妨げることがあります。

また、黄体ホルモンの分泌が足りないと着床しにくくなることがあります。

・精子がうまくつくれない

精子の数が少ない、元気がない、奇形精子が多い、精液の中に精子が見あたらない

などのトラブルも妊娠の妨げに。

精子はさまざまなハードルを乗り越えて卵子にたどり着きますが、そのためには多数の元気な精子がいたほうが有利です。

ストレスや体調などで精子の状態が悪い場合もありますが、精子を作る機能に問題があるケースも。

また、精液中に精子が全く見あたらない「無精子症」では、精子はつくられているものの通り道に問題があることが少なくありません。

 

・原因がわからない

さまざまな検査を受けて、特に原因が見つからないことは珍しくありません。だからといって原因がないとはいいきれず、現在の医学や検査では調べようがない、解明されていない原因が隠れているかもしれません。

しかし、原因不明だから妊娠できないということではなく、原因が特定されなくても、自然妊娠や治療により妊娠・出産しているカップルはたくさんいます。

 

他にもさまざまな原因は存在します。

おわりに

不妊症の原因について書きましたがいかがでしたでしょうか?

男性に原因がある事も多いです。ご夫婦様々な原因はあります。

この記事が皆様のほんの少しの助けになればなと思っております。

症状について詳しくはこちら

不妊症